「2013年6月」のブログ記事

札幌の税理士ブログ 介護・福祉事業所向け助成金・融資徹底活用説明会のお知らせ

日時: 2013年07月19日 18時半開始

場所: かでる2・7(北2条西7丁目) 750研修室


 

介護・福祉サービス事業者様向け!

30名様限定の無料説明会。


 

【第一講座】専門家が見る2013年度のオススメ助成金とは?

 講師:社会保険労務士石川事務所 所長 石川雅之

 

事例を中心に、専門家独自の視点から、介護・福祉サービスにお勧めの助成金を解説させて頂きます。助成金は、返す必要のないお金です。今年度は多数の助成金が発表されましたので、この機会にご活用されることをお勧めします。


 

【第二講座】最新版の公的融資・銀行融資の賢い貰い方とは?

 講師:税理士法人ノースアクティブイノベーション 代表社員 前島治基

 

資金調達を受けやすい事業者になれる方法をご存じですか?銀行や公的機関が融資をする場合には企業をランク付け(格付け)し、そのランクで資金融資の可否や融資の金額が決定します。つまり、融資を受ける際には、このランク付け(格付け)が非常に大切になってきます。
ランク付けは、基本的には事業計画書と決算書により判断されますので、金融機関の格付けで高いランクを得られるようなものを作成する必要があります。今回のセミナーでは、融資を受けるためのポイントを包み隠さずお伝えします。


 

【応募方法】

下記URLのPDFをプリントアウトし、011-222-5596までFaxして下さい。

http://www.sapporo-tax-accountant.com/seminar/img/seminar20130625.pdf


 

または下記メールアドレスに必要事項を記載し、送信して下さい。

info@sapporo-tax-accountant.com
 

・記載事項

  貴社名、所在地、ご参加者様名(役職)、電話番号、FAX番号、サービス種類

 

沢山のご応募をお待ち申し上げております。

札幌の税理士ブログ 「相続コンサルタント」等の肩書にご注意下さい。

以前も同じような記事を書いた気がしますが、この件については何度も皆様にお知らせしたいと思います。

 

我が国は法治国家でありますので、ほぼ全ての重要な事柄は法律で定められております。

特に、国民生活の根幹となる業務につきましては、いわゆる「国家資格」という制度を設け、所定の試験をパスするなど一定の実力を有すると認められる者がその資格を有し、その業務を独占して行うこととされております。

 

例えば、国民の医療に関わる業務は「医師」の独占業務です。

医師資格を持たない者が医療行為をすることは出来ません。

 

もしかしたら、独学で医療を勉強し、本職の医師顔負けの知識を持つ人はいるのかもしれません。

しかし、そのような人であっても、医師免許を持たない限り、医療行為をすることは絶対に出来ません。

 

何故かと言いますと、まず(どこかのTVドラマではありませんが)「ダメなものはダメ」、これに尽きます。

我が国の法律で「医療を行えるのは医師だけである」と規定されている以上は、ダメなのです。

 

別の観点から言いますと、結局その人がどれだけ医療のことを知っているのか、これを担保するものが今のところ「医師」資格という制度しか存在しません。

本人がどれだけ「私は医師よりも医療を知っている」と主張したところで、それが本当に正しいかどうかを担保することは出来ませんし、そんな輩に大事な国民の命を預けることは出来ないのです。

 

上記と全く同じことが、法律等の世界でも有ります。

 

相続業務というものは様々な行為が絡み合うものでありますが、端的に表現すれば、これら行為の全部または一部を自ら行うことが出来るのは「弁護士」「税理士」「司法書士」「行政書士」の四大資格者だけです。

この四つの資格のいずれかを持たない者は、相続業務を自ら行うことは出来ません。

これは我が国の法律で、明確に規定されていることです。

 

これを更に別の観点から申し上げます。

仕事というものは、自らの責任で、最後まで完結させてようやく一人前です。

当たり前のことですが、この当たり前のことを粛々とこなし続けることによってのみ、仕事のノウハウを積み重ね、経験値を高めることができます。

 

無資格者は、残念ながらこれをすることが出来ません。

なので「相続コンサルタント」「相続コーディネーター」など、資格「らしき」肩書を名乗り、大事なお客様に対して無責任なアドバイスをし(結局は自らの責任で完結させることが出来ないのですから、『無責任』としか表現の仕様がありません。)、自らその業務を行うことが出来ないゆえに、他の知り合いの国家資格者等に業務を丸投げし、お客様から頂戴する報酬の上前を撥ねます。

 

最近の相続ブームに乗っかかり、斯様な職業形態が幅を利かせております。たまに日経新聞などで斯様な者が平気でインタビューに答えたりしている現状には、只々驚くばかりです。

 

我々は、斯様な現状とはあくまでも一線を画します。

 

我々は、お客様に対しては、弁護士税理士・司法書士・行政書士いずれかの国家資格者自らが責任をもって面談し、自らの責任においてアドバイス差し上げるとともに、自らの名の元に責任を持って業務を遂行します。

全てを、我々資格者だけの力で完結させる形態をとっております。

 

この形態を崩す気は全くありません。

今後「コンサルタント」等と名乗る者達と何らかの提携等をすることは一切ありません。

 

我々は、自らの責任を持って、お客様の相続問題に対応します。

これが我々の根幹をなすポリシーです。

札幌の税理士ブログ 初心者でも分かる就労支援会計入門講座 その19 ~ 二つの「積立金」(1) ~

就労支援会計基準において、最も理解し難いのは「工賃変動積立金」「設備等整備積立金」という二つの積立金の存在ではないでしょうか。

 

就労支援事業は、そもそも利用者(=障害者)に働く場を提供し、その作業等によって獲得した利益を利用者に対して適切に分配することを主旨としております。

よって、利益の残りを翌年度以降に繰り越す、ということはせず、毎年必ず収支トントンになることを原則としております。

 

しかし、事業というものは、いつ何が起こるか分かりません。

経済情勢等の影響を受けるということに関しては、一般の営利企業と何ら変わりません。

よって、不測の将来に備える必要はあります。

 

そのために、二種類の積立金という制度が設けられております。

 

ごく簡単に説明します。

まず「工賃変動積立金」とは、将来利用者の工賃が満足に支払えなくなった事態(急に売上が減った、仕入れ値が上がった、など)の事態に備えて、余裕のあるときに、お金を積み立てておくことです。

そうすることによって、いざ不測の事態が生じた際に、その積立金を取り崩すことによって、利用者に最低限の工賃支払いを保証することが出来ます。

 

そして「設備等整備積立金」とは、今現在使用している設備の老朽化に備えて、いざその設備を買い替える、あるいは更に設備を増強するときの資金を早いうちから少しずつ積み立てておくことです。

そうすることによって、その設備投資の年度だけに多額の資金を負担させず、各年度にその負担を分散させることが可能となります。

 

次回以降、この二つの積立金について、もう少し詳しく突っ込んでみます。

札幌の税理士ブログ 弊社クライアント H25年3月期決算から読み取る景気動向

アベノミクスとやらで大騒ぎの昨今ですが、果たして本当に我が国の景気は上向いているのでしょうか?

 

先月まで3月決算法人の申告業務でアタフタしておりましたが、ようやく一息付きましたので、ここで弊社クライアント先の3月決算を分析してみたいと思います。

 

とは言っても当然ながら守秘義務がございますので、かなりぼやかした数値しかお伝え出来ませんが…。

 

さて、弊社が関与しております3月決算法人のうち、昨年3月決算と本年3月決算を比較したところ、

 

昨年よりも増益(または赤字幅が縮小) 約3割

昨年と横ばい 約1割

昨年よりも減益(または赤字幅が増加) 約6割

 

う~ん、少なくとも弊社クライアント先においては、まだアベノミクス効果が決算利益として現れるには至ってないようです。

まあ、安倍政権が発足したのは昨年暮れですから、無理からぬところではありましょう。

 

しかしながら、最近思うのは、クライアント経営者様から受ける相談の内容が、段々とポジティブになってきている、ということです。

 

昨年までは「赤字で資金が足りない。どうしましょう。」という類の相談が圧倒的に多かったのですが、今年に入ってからは「仕事が増えて、先行出費の資金が足りない。どうしましょう。」という相談が増えております。これは銀行用語で「増加運転資金」といいます。つまり売上が増えることによって、一時的に資金が足りなくなる状態のことです。良いことなので、銀行は増加運転資金についてはかなり積極的に融資する姿勢を見せます。

 

この私の感触が正しければ、今回の3月決算は「底」ということになり、来年3月決算は増益の割合が圧倒的に増える、ということになりましょう。

 

ただ、これまた私の個人的感触ですが、クライアント経営者様の姿勢として、設備投資を積極的に実施する段階には未だ至っておりません。

そこまでバクチに出るのはまだ早い、もうしばらく様子見、ということでしょう。

 

今後設備投資の需要が積極的になりだしたら、今回の景気上向き的気分はホンモノかもしれない、ということになりましょう。

札幌の税理士ブログ Facebook「蘭越町名物プレゼントキャンペーン」第二弾です!

第一回目の「ロッジベアーズの手作り台所用石鹸プレゼント」は大好評で、なんと400名超のご応募を頂きました。

 

続いて第二弾です。

 

Facebook蘭越町名物プレゼントキャンペーン

街の茶屋 蘭越名産漬物プレゼント


 

税理士法人ノースアクティブイノベーションでは、代表の前島治基の出身地である蘭越町を盛り上げるため、「蘭越町名物プレゼントキャンペーン」を実施しております!

第二弾は、街の茶屋より「蘭越町特産品のお漬物」を1点プレゼントいたします。

なお、当選者には「蘭越米おにぎり1個無料配布券」も同封いたしますので、ぜひ街の茶屋までお越しください!

 「ニセコ山系の自然に育まれた山麓に自生する山菜、地元の名人の方々に採っていただいたものを新鮮なうちに加工しています。」

 

 【販売元:街の茶屋】

 〒048-1301 磯谷郡蘭越町蘭越町130

 TEL:0136-57-5239

 

生産者:蘭越町地場産業振興加工センター

 

品目

・うど甘酢漬

・うどもろみ漬

・ふきもろみ漬

・ふきニセコ漬

・メロン粕漬

・セロリ紫葉漬

・なすキムチ

・きゅうりキムチ

・セロリキムチ(大)

・セロリキムチ(小)

・山菜三升漬

・しめじ三升漬

・しいたけ三升漬 etc...

 

 ※工場の都合により在庫が限られるケースがあるため商品の指定はできません。

※ご応募は、お一人様1回限りとさせていただきます。

※メール受信不能、および有効期限内にお届け先の入力がないなどの不備があった場合、当選は無効となります。

※頂きました個人情報は、賞品の発送以外に使用致しません。

※日本国内からの応募に限らせていただきます。また、海外への発送はできません。

※抽選に関するお問い合わせにはお応えしかねますのでご了承ください。

| 1 |

カレンダー

<   2013年6月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

PAGETOP