札幌の税理士ブログ ザ・地方公会計 その9 ~ 貸借対照表3 ~

三つ目の特徴ですが、純資産が大きく二つに分かれております。

「固定資産等形成分」



「余剰分(不足分)」

です。

イメージとしては、

1.税収等から行政コストを差し引いた差額(つまり自治体としての利益)のうち、固定資産等の取得に充当されたもの(または売却等により減少したもの)
2.固定資産等の時価評価が大きく変動したことにより、評価替えしたもの

これらの金額が「固定資産形成分」となり、その残りが「余剰分(不足分)」になります。
自治体の資産は固定資産が中心となりますので、その主な取得財源たる純資産の対応分を明らかにしておこう(=余剰分が多ければ多いほど資金繰り的に健全)という趣旨でしょうか。

なおこれらの金額配分は、「純資産変動計算書」にて行います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sapporo-tax-accountant.com/mt/mt-tb.cgi/476

コメントの投稿

 
コメント

カレンダー

<   2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

PAGETOP