業績UP資金管理診断

Business Contents見える化

自社の未来を描くための過去データの活用

超高速化によって新鮮な過去会計データの作成が可能となっても、それが経営者の手元に届けられなければ何の意味もありません。

社内の経理部門は往々にしてブラックボックスになりがちです。簿記会計の知識に疎い経営者であれば特に「経理担当者が毎日どんな作業をしているのか全く分からない」「経理担当者と会計事務所の担当スタッフが毎月色々と会話しているが、何を打ち合わせているのか全く伝わってこない」という状況に陥りがちです。

また、過去データはあくまでも過去データに過ぎません。
むしろ重要なのは、その過去データを活かして、自社が今後どのような未来を描くのかを予測することではないでしょうか。

この先数ヶ月後あるいは一年後の資金繰りはどうであるか、新規借り入れをする必要はあるか、人員や設備などの投資計画はどのタイミングで幾ら実施すべきか、このような多岐に渡る経営判断を、場当たり的にではなく、中長期的な目線をもって判断する必要があります。

弊社がご支援する「見える化」は、大きく分けて「過去の見える化」「現在の見える化」「未来の見える化」があります。

過去の見える化

超高速化によって迅速に作成された会計データを、都度リアルタイムに経営者の手元にお届けします。
具体的な手法として、クラウド型会計システムを活用します。

社内経理部門にて作成された会計データは、クラウドシステムを通じてそのまま経営者のパソコンで閲覧することが可能です。
また当然ながら会計事務所側のパソコンでも閲覧できますので、単なる月次試算表の提供だけでなく、経営判断資料として十分足り得る補足資料の活用も併せてご支援できます。

弊社が提供可能な過去会計データ

月次試算表(貸借対照表・損益計算書)
月次資金繰り実績表
→ 発生主義ベースに基づく損益計算書だけでは見えないカネ廻りの問題点を補足できます。
またカネ廻りを「営業キャッシュ」「投資キャッシュ」「財務キャッシュ」に区分整理することによって、健全なキャッシュフロー経営を実現することができます。
予算実績対比表
→ 過去に作成した予算数値と実績数値を比較し、その差額原因を解明することによって、より一層緻密な経営、資金管理が可能となります。

現在の見える化

日々の打合せをスピーディに実施するとともに、その透明性を強化します。具体的な手法として、ビジネスチャットを活用します。

プライベートでよく利用されるLINE(ライン)などのコミュニケーションアプリのビジネス版と考えればイメージしやすいでしょう。
電話やEメールよりも操作性や安全性、機動性に優れており、かつチャットの内容がシステム内に残りますので備忘記録・議事録としても活用できます。

グループチャットを活用すれば、経理担当者と会計事務所担当スタッフとの打合せ内容を経営者も都度確認することができますので、ブラックボックス化の防止にも役立ちます。
また、ビデオチャット機能を使うことにより、遠方同士でのリアルタイム会議をすることも可能です。

毎日の業務のうち相当な部分を、コミュニケーション業務が占めると言われております。
確かに人間同士で膝を突き合わせるアナログ式コミュニケーションも大事ではありますが、必要以上のアナログは無駄な多忙を招きますので、最小限に留めて効率化を図るべきでしょう。

未来の見える化

弊社が提供できるサービスのうち、最も重要なものと断言して差支えありません。
過去は所詮は過ぎ去ったものであり、現在は刹那的なものに過ぎません。会社経営において重要なのは、その未来がどうあるべきかです。

未来の見える化は、「短期的な未来」と「中長期的な未来」に分けられます。短期的な未来とは、今から一年以内の未来のことです。
一年以内の損益予算を計画し、更に借り入れ返済計画、設備投資計画、掛け取引の回転数などを加味した資金繰り計画を策定します。

当期の損益見込みにより生じる納税額はいくらであるか、今現在の資金残高で一年間もつかどうか、無理無謀な人員計画や投資計画で資金破たんする可能性はないか、このような情報は、一歩間違うと会社の存続をも左右することに繋がりかねませんので、出来る限り正確な予測をタイムリーに行う必要があります。

そして中長期的な未来とは、今から5~10年後の未来のことです。そんな遠い未来のことを考えて何の役に立つのだ、という声を聴くことも多いのですが、「会社のあるべき姿」を明確化し、それを経営理念などで示すことは、従業員のモチベーションアップにも繋がりますし、対外的な信用にも影響します。
経営者の頭の中にある漠然とした将来像を、きちんとした形に落とし込むことを弊社はお手伝いいたします。