業績UP資金管理診断

Business Contents先回り化

超高速化+見える化によって、<br>企業の「現在の弱点」「未来の弱点」が浮き彫りになります。

超高速化+見える化によって、企業の「現在の弱点」と「未来の弱点」が浮き彫りになります。
これらの可視化された弱点の克服や、より良い未来を実現する対策を講じることこそが「先回り化」です。

超高速化
見える化

“先回り化”が可能となります。

現在の弱点とは、過去すなわち創業時から今現在に至るまでの過程で生じた弱点のことです。その多くは、バランスシート(貸借対照表)に現れます。【 例「稼ぐ力」の弱さに起因する自己資本の薄さ など 】

未来の弱点とは、損益そして資金繰りの面において今後生じるであろうリスクのことです。
例えば「このまま推移すれば○ヶ月後に資金ショートするだろう」「このまま予算通り推移すれば今期は赤字になるだろう」というようなことです。未来の「見える化」によって、このような弱点が明確に可視化されます。

これらの弱点を放置するのは、言うまでもなく企業にとって望ましいことではありません。手遅れになって慌てる前に、対策を講じなければなりません。これが「先回り化」です。

先回り化を推進することによって、次のような効果が得られます。

数ヶ月後に資金繰りがショートすることを予測し、余裕をもって銀行に借り入れ申し込みできる。
「未来の見える化」によって精度の高い損益予測・資金繰り予測を提示することができ、かつ「超高速化」によって迅速な実績モニタリングが可能となりますので、銀行からの高い信頼を得ることができます。
数ヶ月後に控えた決算が○百万円の赤字になることを予測し、売上戦略の見直しや経費の削減、不要資産の売却益などの早期実施で黒字化を見込むことができる。
「超高速化」によって無駄な業務が省力化され、社内に余力が生じますので、その余力をもって「稼ぐための活動」に集中することが可能となり、かつ潜在的にアップした「稼ぐ力」を顕在化させ、増収増益という形で目に見える結果を出すことができます。